髪ケアの方法~コルテックス

コルテックスとは髪を構成している3層の中でも中間に位置するもので、タンパク質や脂質、水分、メラニン色素などの成分によって構成されています。髪は3層ありますが割合は均等というわけではなく、このコルテックスがおよそ9割を占めていると言われています。髪の大部分がコルテックスということです。髪の性質の多くもコルテックスによるものです。
髪の色はコルテックスの構成成分の1つであるメラニン色素の量によって決まります。また髪の毛の硬さや太さ、化学反応に関してはコルテックス内の細胞であるマクロフィブリンと親水性のタンパク質であるマトリックスタンパクによる影響が大きいです。この化学反応を活かしたものがパーマです。
またコルテックスの細胞の状況が変わると縮毛などの変化をもたらします。生まれつき縮毛の方もいらっしゃいますが、直毛の方が病気や年齢を理由に縮毛になることがあります。
コルテックスの維持に必要なものは適度な刺激と栄養です。頭皮マッサージなどで刺激を与えることで血行を良くし、髪に栄養を行き渡るようにすることができます。食生活に依存する部分もあります。特に有効なのはタンパク質、そしてタンパク質の吸収を促進させるビタミンB1、B2、B6、B12が重要と言われています。